2013年8月アーカイブ

これは自動車だけの話じゃないですけどね。
そもそも、日本の自動車メーカは
反日勢力が結集して作り上げた民主党政権下の、
異常な円高でも頑張って耐えてきました。
確か1ドル78円とかそんな時代もあったはずです。
もっと高かったかな?
ともかくその異常な円高が日本企業から競争力を奪い、
日本企業が競争力を失ったからこそ、
韓国が競争力を強めているように見えていたわけです。

利益があがらなければ、
まともに研究開発ができるわけがありませんからね。

さて、日本人の手に政治が戻りました。
安倍自民党政権になって、
円は100円前後まで回復しましたね。
現在は、98円~97円前後で推移しています。
一時の異常な円高は何だったのかという感じですね。

おかげで力を回復した日本企業。
価格競争力も取戻し、世界での販売も好調。
自動車各社も黒字となっています。
かわって、落ち目になった韓国自動車業界。

世界中でシェアを落とし、
母国でもシェアを落としまくっているそうです。
安かろう悪かろうで売れていた韓国車。
ウォンが高くなると、安売りが不可能になり、
競争力がなくなるわけです。

同じ値段なら、誰もが日本車を選びますからね。
これは、自動車業界に限らないことですが、
これから、日本企業の復活が楽しみなってきますね。

がんばれ、日本!